売却の進め方

Subtitle

不動産売却の進め方について説明いたします。

    step1
     売却にむけた第一段階です。不動産業者との相性もあるでしょうから、次のStep2 へ進めてもいい業者かどうかをご判断下さい。
     また、その目的物件でお気づきの点があればお教えいただけるとありがたいです。
    (例)建築協定、隣地様との特別の取り決め、過去の土地利用履歴等。

    step2
     現地の利用状況、道路幅員、法令制限、立地、隣地・周辺環境、隣地境界、越境の確認、ライフライン経路等を調査します。

    step3
     周辺売買事例価格・路線価・公示地価にStep2 の調査結果及び個別の利用価値の有無を踏まえて売却査定額の提示をさせていただきます。
     この時、物件引渡しまでに行っていただく売主様の責任事項の説明もさせていただきます。ただし、売主様の責任事項とはいうものの弊社が音頭を取って手配・交渉させていただくことが多いです。詳細についてはご相談下さい。
    (例)土地境界確定測量、建物解体撤去、越境解消等。

    step4
     売却開始価格・売却諸条件及び売却方法を決定し、媒介契約を締結します。
     媒介契約とは、売主様と不動産業者との契約です。
     この媒介契約を締結する意味は、私たち不動産業者がこの物件の売却窓口であることを証明をするための契約だとお考え下さい。また、媒介契約締結による金銭の授受は発生しません。

    step5
     現地看板設置、不動産売却支援サイトへの掲載、折込み公告、弊社お客様への紹介等 売主様のご意向と売却目的達成に向けた適切な販売方法をとっていきます。

    step6
     買主様と売却諸条件の交渉をします。
    (例)売却金額、引渡日の予定等。

    step7
     重要事項説明を物説(物件説明)と言う業者もいます。まさしく対象物件の説明する書類で、売買契約締結前に、不動産業者は、この重要事項説明の内容を説明し、ご理解いただいた上でご署名・押印いただく義務を負います。
     売主様への説明は、売買契約締結の直前になることが多いです。

    step8
     売買契約締結には基本的に売主様・買主様が同席し、本人確認書類(免許書等)を提示の上、不動産業者から売買契約書の内容についての説明を受けて下さい。

    step9
     Step3 で説明させていただいた売主様の責任事項の作業をしていきます。
     売買契約締結後に土地境界測量・建物解体撤去等がある場合は、その作業に要する期間が必要となります。
     最近の売買契約書には、「土地境界確定測量ができない場合、売買契約を白紙解除します。」という内容を挿入する場合がありますので、土地境界確定測量は可能であれば、売買契約締結前に完了していた方がスムーズであると考えます。これ以外にも、個別事案に対するアドバイスはStep3 の段階でさせていただく予定です。

    step10
     売主様は残代金を受領すると同時に、所有権移転に必要な書類を司法書士に交付して下さい。この時には、実印・印鑑証明書等が必要となります。

TO TOP