購入の進め方

Subtitle

不動産購入の進め方について説明いたします。

    step buy1
     購入に関するご相談・ご質問に答えさせていただきます。
     面談・電話・メール等どのような方法でも構いません。

    step buy2
     媒介契約を締結します。
     媒介契約とは、売主様と不動産業者との契約です。買主様と交わす媒介契約には、買主様の購入希望条件等が記されます。媒介契約締結による金銭の授受は発生しません。
     不動産業者は、その業者が直接売主様から売却を依頼されている物件、購入希望場所に近い同業者が扱っている物件・一般に流通している物件・地主様に直接交渉する(購入希望場所が特定されている場合)物件などを買主様に情報提供させていただきます。

    step buy3
     買主様へStep2 の方法で選定した物件を紹介させていただきます。
     気になる物件があれば、できるだけ現地確認をして下さい。不動産業者としての物件の見方のアドバイスもさせていただけるのではないかと思います。

    step buy4
     購入を希望される物件があれば、購入意思を明確にするため、「売主様に対する買付証明書」「不動産業者に対する取纏依頼書」という型の書類をご提出いただきます。この書類を提出いただく際の金銭の授受はありません。
     購入希望条件がある場合は、この書類に明示させていただきます。購入希望条件とは、購入金額・引渡希望日・更地渡し(建物がある場合の土地)等です。

    step buy5
     Step4 の書類を売主様ないし売主様側の不動産業者へ提出し、購入条件がある場合はその内容交渉をさせていただき、内容及び詳細を決定していきます。
     なお、この交渉は数回になる場合もあり、その都度、買主様及び売主様とのお打ち合わせが必要になることもあります。また、この交渉が不調となる場合もありますので、その際はご了承ください。

    step buy6
     購入物件の一部または全部を住宅ローンで都合される買主様が多いです。住宅ローンをお使いになる場合は、売買契約書に「融資特約」を付記します。「融資特約」は、融資不承認の場合は売買契約は白紙解除できる旨の内容となっていますので、住宅ローンをご利用予定の買主様には、金融機関による住宅ローンの事前内諾を持って、売買契約締結に臨んでいただきます。
     ただし、金融機関から事前内諾を得るということは、「この時点で住宅ローン総額がおおよそ算出できている」=「この時点で建築会社がほぼ決定している」ということになりますので、住宅用地をご購入予定の方は、建築会社の選別を土地探しと同時進行させたほうが、土地の売買契約締結までがスムーズに運びます。 

    step buy7
     重要事項説明を物説(物件説明)と言う業者もいます。まさしく対象物件の説明する書類で、売買契約締結前に、不動産業者は、この重要事項説明の内容を説明し、ご理解いただいた上でご署名・押印いただく義務を負います。
     Step6 の事前審査の際に金融機関にこの書類の内容を提出することが多いです。

    step buy8
     売買契約締結には基本的に売主様・買主様が同席し、本人確認書類(免許書等)を提示の上、不動産業者から売買契約書の内容についての説明を受けて下さい。売買契約締結時は、売買価格の約10%の手付金を売主様にお支払いいただきます。手付金額及び内容についてはご相談下さい。

    step buy9
     売買契約後、速やかにStep6の内容の住宅ローンを予定金融機関へお申し込み下さい。

    step buy10
     売主様による物件引渡しの準備完了予定と買主様の融資実行日予定の打ち合わせをさせていただき、残代金のお支払い・所有権移転日を決定させていただきます。この時には、住民票等が必要となります。

TO TOP